応募するベストな時期は?

poutoよく懸賞生活で疑問に挙がるのが、「一体いつ応募すれば良いのか?」ということです。

応募期間は、四日程度とビックリするくらい短いものも時にありますが、大体が一カ月や二か月、長いものだと半年というのもあります。

期間の最初に応募するのか、中頃か、終わり際なのかによって当選の確率が変わってくるのであれば、一体いつがベストなのか気になるところです。

これは色々説がありますが、基本的にあまり関係がないと思われます。

ただ、応募期間は長く設定されているものの、締切が二回に分かれていたり、毎月ごとの締切であったりするパターンもあり、この場合は早く出せばその分当選確率が上がると言われています。
これは、期間が始まったばかりだと、まだ多くの消費者にキャンペーンが浸透していなかったり、応募に必要なバーコードが集まっていなかったりするので、いちはやく情報をキャッチして、応募に必要なものを用意できたら、第一回目の締切に間に合うように、直ちに投函する方が良いのです。

また、同じ懸賞に何枚も応募する時は、一度に五枚や十枚ドサッと応募するのではなく、何度かに分けて少しずつ応募する方が良いと言われています。

これは、応募先では同じ時期に届いた葉書の中から、決まった枚数を抽出していると思われるので、一度にたくさん出してしまうと、全部ダメになる可能性があるという理由からです。

噂の域を出ないものではありますが、懸賞のベテランの中では、まとめ出しをせず何度かに分けて出すことを実践している人が多くいるようです。

色々書きましたが、会社によって懸賞の方法は様々で、会社の担当部署が直接抽選を行っている所もあれば、丸ごと外部に委託している場合もあり、色々なので参考程度として紹介しておきます。