こういう食材も取り寄せできるようになったんだなぁ

もうかなり昔のことですが、カニの通販サイトのメールマガジンを購読したところ、うにのお取り寄せの話が載っていました。
冷凍技術の発達により、ミョウバンを使わずにうにを冷凍できる、と聞いてとてもびっくりした記憶があります。
通常はうにの形を保持するために、ミョウバンを使います。
回転すしなどで提供されている安いうにを食べると、妙に薬品くさいと感じるのはこのミョウバンの臭いだそうです。

生まれてこのかた、ミョウバンを使っていないうになんて食べたことはありません。
どんな味なんだろうと思いましたが...お値段が素晴らしく高くて断念しました。
特殊な冷凍方法を使っているだとかで、割高だったんですよね。
今ならもう少しお安くなっているかもしれません。
間違いなくおいしいんでしょうね。

うにを通販で購入するならここ!お取り寄せランキング

一度はミョウバンレスなうにのお取り寄せをしようと思ったこともありますが、実現には至りませんでした。
確かに興味はあるのですが、そんなにたくさん食べたくないんです。
2・3個食べれば十分なんです。
うに丼なんて言って、どっさりとご飯にうにを盛り付けて食べますが、あれは私には無理。
うにをたくさん食べると、何なのかわからないのですが、気持ち悪くなるのです。
鮮度が良ければ、そういうこともないのかもしれませんが、大枚はたいて食べられないのは悲しいです。
ということで、うにのお取り寄せは断念しました。
代替として、青森名物の「いちご煮」の缶詰で炊き込みご飯を作ります。
うにがたくさん入っています。
炊き込みご飯にすると、スカスカになっちゃいますけどね。
でも、ご飯がうにとあわびのダシをたっぷり吸い込んで、最高に美味。
いつか北海道に行ったら、生のうにを食べてみたいですね。